ポンプ車の灯りほのかに春の月


神河町消防団の一年がスタート。

4月はイベントが目白押しです。


操法大会に向けて

消防団活動のハイライトは、なんと言っても操法大会

神河町大会の勝者が県大会、その勝者が全国大会へと進みます。


メンバーは、指揮者および1番員から番員の計5名。

わたしは1番員になりました。

歴代優勝チームの動画がありましたので、ご覧ください。

(1番員はゼッケン1番です。)

いろんな意味で自分を追い込んでチャレンジしたいと思います。


ハードスケジュール!?

分団により方針は異なりますが、長谷ブロックの練習スケジュールは以下のとおりです。

4月 → 8日(金)以降、月水金20:00~22:00

5月 → GW開けから本番まで、2日間を除き毎日20:00~22:00

スケジュール表を渡されたときに、思わず

「え、こんなに?」

と声が出そうになったわたしでしたが、じつは町内では少ないほう。

旧神崎町のとある強豪チームは、なんと2月下旬から週4練習

まず神河町内で優勝するには、何年か同じメンバーで実績を積み、

「このチームならどこへ出しても間違いない」

と認められるようなポジションを築く必要があるそうです。


消防団活動を通した発見や気づき

「働きざかりの青年がこれだけの時間と労力を割くなんて・・・」

と思われるかもしれませんが、活動を通して得られるものも確かにありそうです。

1回目の練習に続いて昨日は姫路市消防局指導による「新入団員・幹部訓練」に参加しましたが、さまざまな基礎訓練操法の練習を行う中でたびたび出てくるキーワードは

規律。

 

「気を付け」

「休め」

「敬礼」

知っているはずの動作も、キビキビと美しく行おうと思うとこれがなかなか難しい。

ポンプ車に乗り込むときの動き走り方など、先輩方の動作につい目がいくようになりました。


また要所での点呼や掛け声においては、声量も求められます。

文字どおり、腹の底から出す声。

そのうちテニスのコールカウントの声が変わってくるかもしれません。(さすがにそれはないか)

 

体育会出身者にはある種懐かしい世界なのかもしれませんが、一度も運動部に所属したことのないわたしにとっては、新鮮な驚きだらけ。

かつてなく、じぶんの身体と向き合う機会になりそうです。

S__6692868
妻による練習風景の盗撮画像。

という訳で、納期ギリギリの印刷物入稿を終え、本日も操法訓練です。

背筋を伸ばして、行ってまいります。


今日の一句

ポンプ車の 灯りほのかに 春の月

ポンプしゃの あかりほのかに はるのつき

季語:春の月(春)

しんと静まり返った長谷の夜道。

激しい練習を終えた団員の乗るポンプ車の頭上に、薄い三日月が浮かんでいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です