月別: 2014年11月

其処此処に知らぬ顔あり夕焚火

「犬塚」の由来 田舎に限りませんが、土地や神社仏閣の「名称」にはルーツがあります。 長谷郵便局の脇を登ったところにある「犬塚」という小さなお堂。その由来は、神河町中村の「播州犬寺」の伝承に紐づいています。 ざっくり言うと …

本文を読む

木枯らしやプリウスの往く田舎道

兵庫の数ある「田舎」の中でも、京都や神戸へのアクセスに恵まれ、移住先として根強い人気のある丹波篠山エリア。 30年ちかく通い続けているという先達に、ご案内していただきました。 丹波篠山の”昼の顔” 訪れたのは、平日の昼下 …

本文を読む

在りし日を映す楓や陣の跡

「跡地」。この響きがもの寂しく、また興趣をそそられるのは、そこに往来する人々の姿がありありと瞼に映し出されるからではないでしょうか。 江戸初期の趣きを残す「福本藩陣屋跡」 神崎南ICを下りて右手に3分ほど。神崎高校のすぐ …

本文を読む