サルトリイバラ、別名をサンキライ。

この辺りでは「さんきら」と呼ばれ、柏もちを包むときの葉として使われてきました。

 

サンキライは「山帰来(山に帰って来る)」と書きます。神様でもある山。昔から日本人にとっては山や自然は畏怖と感謝の対象でした。しかし近代化が進むにつれ、田舎から人が離れ、日本人が大切にしてきた山は荒れました。神様でもある山に人々がときどき帰って来ることで、人間も山もまた元気になるのではないかと思います。

 

自然のパワーをもらってまた日常に帰れるような場所を作れたらと、2013年7月7日にリラクゼーションサロン「谷間の家さんきら」をオープン。たくさんの素敵な出会いに恵まれてきました。

 

2014年1月に結婚を機に移住。日々の生活を営む中で、リラクゼーションだけでなく、心と体をつくる「食」にも関心を持つようになりました。2016年11月、交流型農園「sankira green-farm」を開設。無農薬・無化学肥料・有機肥料で育てた野菜を販売するほか、加工品の生産も行っています。(kajiyanoにて販売)

山や川、自然の恵みを五感いっぱいに感じていただけたら幸いです。

代表

山口 奈央 セラピスト/野草研究家

昭和59年 兵庫県姫路市生まれ。

大学時代からアジア諸国を旅する中で、タイ古式マッサージと出会う。2008年にタイマッサージの総本山『WATTO PO』にてジェネラルタイマッサージコースを習得。帰国後、アロマセラピーの技術を現場で学びながら、新潟のリゾートホテルや東京のシティホテル、産婦人科クリニックや高級老人ホームなどで経験を積んだのち、空き家になっていた兵庫県神河町の祖母宅にてサロン『谷間の家さんきら』を2012年開業。2014年1月、結婚を機に移住。2016年〜峰山高原ホテルリラクシア、ホテル・モンテローザ、囲炉裏の宿 豊楽と業務提携(現在休止中)。日々の生活を営む中でリラクゼーションだけでなく心と体をつくる‘食‘に興味を持つようになり、里山に自生する植物や野草と向き合うフィールドワークを実践しつつ無農薬・無化学肥料・有機肥料による季節の野菜栽培を開始。

2016年11月、交流型農園「sankira green-farm」開設。2017年からはkajiyano内に工房兼販売所を構え、味噌やジャム、クッキーなど体にやさしい加工品開発も行っている。

 

社団法人 日本アロマ環境協会認定インストラクター

THAI WATTO PO General Thai Massage Course 修了

THAI WATTO PO Oil Massage and Aromatherapy Course 修了

THAI SMH The Hot Stone Therapy Course 修了

THAI SMH Thai Herbal Compress Course 修了